2006年9月 6日 (水)

178家の図面

 今日はあいにくの雨で業者さんも来てませんでした。

なので今日は178家の図面を紹介。

1f_2 1Fの特徴

 床材はすべてライトオークにしてます。(1階はすべて床暖房のためフローリングです。)

 高さを265cmにしたので、トイレは階段の下にすっぽり入ってます。(トイレの高さは210cmとれてます。)

 リビングはL字にとりました。食事の場とくつろぎの場にスペースわけできました。(狭いですけど)

住友林業のCMでおなじみ「風の設計」もしっかりしてもらったつもりです。

2f_1 2Fは子供部屋が2部屋、寝室、納戸があります。

子供部屋は約6帖とれ、2部屋同じ形、広さにしました。(将来どっちがいいとかで子供がけんかしないように)

納戸も手持ち家具を収納でき、かつ風通しの良いようにしてもらいました。

ベランダは広くとりました。(ママさんの強い要望により)

寝室はちょっとこだわりました。

Photo_27  左はイメージですが、R天井にリブリー貼り、腰壁にして木質感たっぷりにしました。

今回一番楽しみな場所です。

この部屋から、自分の書斎と納戸の2部屋へ行き来できるようにしました。

正面にニッチをつけました。ここの壁は補強してもらい、いつか余裕が出来たら液晶TVを壁掛けできればと思っています。

その他各お部屋の設備、OPで追加したものなど、おいおいピックアップしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

設計士Iさんとの出会い

 敷地調査の結果はまだ出てませんでしたが、営業Sさんが設計士Iさんと一緒に178家へやってきました。

家の間取り等色々打合せしましょうとの事。

早いな~と感じた。  最初の打合せはてっきり、YES、NO方式じゃないけどヒアリングから始まると思い込んでいた178家に設計士Iさんは、2パターンの図面を見せてきました。

Photo_2  図面は左の画像にある木の表紙に飾られたものでした。

住林すご~  と 感心しましたが、もっと感心したのは、出された図面を見た時でした。

敷地を本当に有効に使っていて、ほぼこちらが望もうとしたことがもうらされてるではないですか・・・

その後、家族の意見や近隣との関係などを反映させてもらいながら何度も何度も打合せをしましたが、今思うと、この時の図面と大きく変わったところは大してなかったです。

設計士Iさん 本当にすごいです。    ものすごい感謝してます。

若干予算オーバーしましたが、後悔はしたくないのでいよいよ契約との運びになりました。

契約前ほしかった、望んだもの

子供部屋のロフト、電気錠、中2階の収納、タンクレストイレ、無垢の床材(1階を全部床暖房にしたのでフローリングにしました。)

  これらのものは、予算の関係上178家には採用できませんでした。 トホホ・・残念。

Photo_3  最初の訪問から2ヶ月ちょいですが、178家は住友林業にすべておまかせすることにしました。

左画像が契約書です。 これに判子つくときはドキドキしました。

178家は正式に見積もりを依頼させてもらったのは、結局住林1社でした。

相見積もりは必ずと言われますが、(自分でもそう思います。)逆に1社に絞り込んでお願いする手法で行きました。

自分自身、営業時代に1社のみでトコトン交渉してくるお客さんには、どちらかと言うと相見積もりバンバンのお客さんよりもヒイキに大事にしてきたものでした。

その時の個人的教訓から、作り手側に少しでもやりがいを持ってもらいたいとの思いでとった行動です。(設計士Iさんもそういってた。)

  これから、工事が本格的に始まりますが、どうぞ無事に完了出来ますように!

                                      178家全員より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住友林業との出会い

 住友林業のモデルルームに足を運んだのは、とある雑誌の背表紙がきっかけでした。

Photo_1 左の写真をみて、こんな明るいリビングにできればと思いまして、会社を見てみると 住友林業ツーバイフォー とでてました。

そこで住宅展示場にある住友林業に行き、パンフでももらえないかと訪問しました。

ここで、178家が後に契約をすることになるスーパー営業Sさんと出会うのです。

営業Sさんは、とても親切に違う会社だと説明してくれました。

「雑誌はツーバイフォー、ここは在来工法です」と言われ、続けて在来の良さをたっぷりと話してもらいました。

この時感じた営業Sさんの印象

・ とても建築の知識が豊富 (自社も他社のことも)

・ 自社の商品に大変自信を持っている。

・ 決して他社の悪口などは言わず、 自社の良い所、悪い所をはっきりこちらにつたえてくれる。

・ 他社の営業さんに何か料金的なことを尋ねると、よく上司さんに確認に行かれるシーンを目撃してきましたが、営業Sさんは即答してくる。

など元営業の178パパ(3年だけだけど)は、すごく好意を持てました。

人生で一番大きな買物になるだけに、後悔したくはないですから、とにかく信頼できる営業さんとの出会いをさがして、やっと出会えた気がしました。

金無し178家に対して、この日ファースト訪問にもかかわらず、概算見積もりまで出していただき、希望予算に抑えてくれそうなというか、なんとかがんばれるかなという気にさせてもらいました。(3~4時間も相手してくれてた気がします。)

早速、5万円支払い、敷地調査をお願いしました。 

今まで住んでいた家が重量鉄骨だった為、今度は木のお家がいいよねと話し合っていました。

住友林業でできれば、178家にとって最高で最強のパートナーになるに違いないと思いました。

その数日後、営業Sさんが設計士Iさんをつれわが家にやってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

展示場めぐり

 建替えを考え始めてから、早速178家も展示場を見学して回りました。

何日かかけ一通り見学しました。

見積もりをお願いしようと思えた業者を4社ピックアップしてみました。

  大和ハウス 

 <良かった所> センテナリアン 健康百彩 50の提案と100のアイテム 

  室内の壁の角が、カーブしている。(住林では、ムリと言われてしまった。)

  展示場のキッチンや階段、リビングのイメージが178ママのお気に入り。

    

  ミサワホーム  

 <良かった所>  制震+耐震」のMGEOに大変興味を持ちました。

  これだけ地震対策と言われてるこのご時勢、絶対にほしいアイテムのひとつでした。

  (今でもいいな~とおもってます。)

  小荷物が多い(引越時に4tトラック以上のダンボール)178家は、「」 はできるなら

  取り入れたいなと思っていました。

  リビングの吹き抜けは好きでなかったので、「蔵」を中2Fに作った時のメリットは素敵

  でした。

 アキュラホーム

 <良かった所> とにかくコストパフォーマンスがすごい!

  ちょうど同じ建築工法の 住友林業 のモデルルームが後ろにあったため、

  ここの営業さんは「住林でやる料金出せるなら、うちで出来ないオプションは

  ないです。」と豪語していた。

         自分自身、そうだろうな~と思ってました。

 富士住建

<良かった所> 完全フル装備の家 オプションいらず、 が売りのようでした。

  めんどくさがりの178家には、このパックのような感じはとても受け入れ易く

 営業さんもとても親切にあれこれ教えてくれました。 (本当に感謝してます。)

 わざわざ営業所のある隣の県まで足を運んだものでした。 

 色々なメーカーを回り、たくさんの方々にたくさんの知識をもらい、とても勉強になりました。

残念ながら、上記のメーカーさんとは契約に至りませんでしたが、178家に少なからず協力してくださった事に心から感謝しています。

最終的に住友林業と手を結ぶのですが、この時点では178家の候補にはあがってませんでした。

住友林業との出会いは、この次に。

| | コメント (0) | トラックバック (2)